(鉄筆)生徒の教師への暴力被害と…

生徒の教師への暴力被害とその対応について大きな関心を呼んでいる。きっかけは、NHKの「クローズアップ現代+」(8月10日放送)で、「教師への暴力」問題が取り上げられたことだ。

番組では実際に暴力を受けた教師や、暴力事件が起きた学校の元学校長が取材に応じた。小学2年生の男子児童からバットで後頭部を殴られた20代の教師は、「耳がつぶされるような感覚だった」と回想する。その後聴力が回復せず、打撲の痛みも残り退職を余儀なくされたという。体の傷は次第に癒えても心の傷は残る。

被害に遭った教師は、警察への通報について「必ずすべき」と主張する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。