(鉄筆)諸外国と比べ日本の……

 諸外国と比べ日本の児童生徒の自己肯定感が低い傾向にあることが問題視されているが、8月22日に文科省で開かれた全国学力調査に関する専門家会議で、小・中学生の自己肯定感はむしろ高い傾向にあることが明らかにされた。

 今年の4月17日に実施された、2018年度の「全国学力・学習状況調査」の質問紙調査結果によると、「自分にはよいところがあると思いますか」の質問に対する肯定的な回答は13年度以降増加傾向にあり、18年度は全体の約8割に上った。

 また「学校生活の中で、児童生徒一人一人のよい点や可能性を見付け評価する(褒めるなど)取組をどの程度行いましたか」に肯定的な回答を寄せた小中学校の割合は14年度以降大きな変化はみられなかったが、18年度は9割を超えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。