(鉄筆)経済協力開発機構(OECD)が……

経済協力開発機構(OECD)が9月11日、「図表で見る教育2018年版」を発表した。年1回出されるこの報告書は、全世界的な視野に立って今日的な問題点を明らかにし、改善策を講じるもの。

18年版は「教育の公平性」に焦点を当てている。例えば、「高等教育を受けていない母親の子供は、早期幼児教育保育を受ける可能性が低くなる。子供の認知的発展が学齢に達する以前から始まっていることは広く認識されているが、幼児教育保育への公的支出の割合は、高等教育ほど大きくない」。

「恵まれない環境で育った子供の進学の可能性も相対的に低くなっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。