(鉄筆)高校職員が生徒と酒を飲んで……

 高校職員が生徒と酒を飲んで車を運転し、同乗した生徒2人に重軽傷を負わせる事故を起こしたという、信じられない一報があった。福島県教委が3日、記者会見で経緯を発表した。

 生徒が通っていたのは県唯一の水産・海洋系高校で、職員は実習船の2等機関士だった。航海実習の打ち上げと称して、生徒3人と2日の午前3時ごろまで居酒屋やカラオケで飲酒し、うち1人を送り届けた後に事故を起こしたという。生徒の1人は腰の骨を折る重傷、職員ともう1人の生徒もけがを負った。職員の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出された。

 職員と生徒らは9月から11月の2カ月間、「打ち上げ」を催すきっかけとなった遠洋航海実習に出ていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。