(鉄筆)この10~20年ほどの間に…

この10~20年ほどの間に、人間の仕事の半分がロボットに奪われる――英・オックスフォード大のマイケル・A・オズボーン准教授が衝撃的な論文を発表した2014年以降、「消える職業」を巡る論議がかまびすしい。15年末には野村総合研究所が同教授との共同研究から「日本の労働人口の49%がAIやロボットで代替される」という推計を発表し、日本人の不安をさらにかき立てることとなった。

「消える」とされている職業には、ルーチン化できる仕事はもちろん、スポーツの審判、動物のブリーダーなど瞬時の判断や、微細な動作を求められるものも含まれる。まさかと思っても、すでにロボットが働くホテルが何店舗も存在し、レジのセルフ精算は珍しくなくなった。未来の「脅威」はすぐそこまで来ている。

教育に関してもEdTech市場の成長ぶりは目覚ましい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。