(鉄筆)外国人労働者受け入れを拡大する…

外国人労働者受け入れを拡大する出入国管理法の改正が国会で成立し、来年4月から施行されることになった。改正法では新たな在留資格を設け、熟練した技能を持つ外国人労働者に関しては家族の帯同も認めるとしている。

政策の是非はさておき、外国人が増えることで懸念される問題の一つが「日本語の能力」だ。そしてそれは労働者のみならず、彼らの子供にとっても大きな壁となる。

2016年度の調査によると、日本語指導が必要な外国籍の児童生徒数は3万4335人で、10年前(06年度)の約1.5倍となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。