(鉄筆)昨年暮れのことである。買い物をして…

昨年暮れのことである。買い物をしての帰路、バスに乗ろうとすると、3歳ほどの幼児を連れた父親が私の前に乗った。後から乗車をする客がいるのを気にした父親は子を抱えてバスの奥の方に向かったが、子供は「手を離して、一人で行く」と大声でぐずり始め、なかなかやまない。父親は困った様子だったが子供に向かって穏やかに諭し始めた。まず、「ごめんね」と謝り、抱きかかえた理由を「他のお客さんが後から乗ってきたので、迷惑をかけないように抱いたの。バスが止まったら好きな席へ変わろうね」と優しく語りかけると、子供は納得したようで大声を出すのをやめた。

父親の幼児に向かって謝った態度が強く印象に残った。幼児に「ごめんね」と素直に声をかけ、ぐずる子に分かりやすく諭す父親に好意以上のものを感じた。

最近、小学校高学年の生徒指導が難しいという声を聞く。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。