(鉄筆)今年、成人式を迎えた若者は……

今年、成人式を迎えた若者は、125万人だという。昨年よりやや増えたものの、ピーク時の1970年(245万人)のほぼ半数にとどまり少子高齢社会を現実のものとしている。それはそれとして、大人への第一歩を踏み出した若者に大きな期待を込めて祝意を表したい。

ところで、児童虐待の報道を耳にするたびに浮かんでくる言葉がある。それは、19世紀後半のドイツの詩人、童話作家のヴィルヘルム・ブッシュによる「父親になることはたやすい。しかし、父親であることは難しい」である。この「父親」を「母親」に置き換えても同じことだが、親としての在り方を厳しく問いただすものとして、現在でもなお通じる言葉であろう。

同時に、この「父親」を「大人」に読み換えて読んでも同じ文脈で理解できるのではないか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。