(鉄筆)政府の教育再生実行会議の…

政府の教育再生実行会議の第11次提言の中間報告で、高等学校改革の必要性について指摘していた。高等学校の役割、特に普通科高校の在り方を今後の検討課題とするという。高等学校の在り方・役割については日頃から関心を持っているが、近年の都立高校の在り方については危惧を抱いている。

都の地域性に伴う特有な課題ともいえるが、都内の高等学校は都立高校と私立高校とが併存している。都内の中学校から高等学校への進学者は進路希望に応じていずれの高校も選択し進学できる状況にあるが、近年都立高校への進学希望者は年を追うごとに減少傾向にある。

この3月初めに都立高校の合格者発表が行われているが、受験者の実質倍率は1.35倍であった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。