(鉄筆)「社会に開かれた教育課程」を…

「社会に開かれた教育課程」を掲げる今回の学習指導要領の改訂では、社会とのつながりを意識した「生きる力」の育成を重視している。学校現場では現在、新学習指導要領の趣旨に基づいた授業の質的改善が盛んに行われている。特に、三つの柱として整理された資質・能力を育むため「主体的・対話的で深い学び」を成り立たたせる学習活動として子供たちの話し合い学習を取り入れている。だが、残念ながら何のための話し合いなのか不明の場合が多い。話し合うこと自体が目的となっている。

3月初旬に都内の中学校を会場にして「全国中学校生徒地域研究発表会」が行われ、東京都、鳥取県、香川県、岡山県の中学校が参加していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。