(鉄筆)新しい年度が始まり、各学校の……

新しい年度が始まり、各学校の教育活動が動き始めた。ボランティア活動を核にした教育課程を編成している学校も多いだろう。わが国で一般にボランティア活動が広まるようになったのが阪神淡路大震災以降といわれ、この年(1995年)を「ボランティア元年」と呼んでいるのは有名だ。

しかし、作家・石川英輔氏によれば、わが国において「助けたい時に助け、助けられたい時に助けてもらえる社会」は江戸時代にはすでに成立していたという(『大江戸ボランティア事情』講談社)。田植えや稲刈りなど農作業時の手伝いや災害時の出動など臨時の相互扶助「結(ゆい)」、あるいは伊勢講や無尽講など地域内で金銭などの援助を募り神社仏閣への代表者派遣や生活困窮者の救済を目的とした「講(こう)」は代表的なものである。

障害者に対する救済体制も整備されていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。