(鉄筆)「令和」の時代を迎えた。この令和が、……

「令和」の時代を迎えた。この令和が、子供たちにとって、安倍総理の記者会見の言葉のように「明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせる」時代であってほしいと切に願っている。

先日、国立青少年教育振興機構が主催する、昨年度(第40回)の「少年の主張全国大会」のVTRを見る機会があった。参加中学校は4157校、参加生徒数は52万人余、全中学校生徒の実に6人に1人が参加するという大きな大会である。

各都道府県の代表から選ばれた12人のスピーチは、「溢(あふ)れる思い、紡ぐ言葉、伝える未来」のキャッチフレーズそのままに、聞き手に深い感銘を与えるものであった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。