教員採用試験 合格後ガイド【着任準備】

教員採用試験に合格したら、4月までに何をすればよいのでしょうか。

教員採用試験の合格は「ゴール地点」であると同時に、長い教職人生の「スタート地点」でもあります。

4月に良いスタートを切るために、着任までに準備しておきたいことをご紹介します。

教科書を読み込む

誰にでもできる対策の一つは、教科書を読み込むことです。自身の校種・教科の教科書を通して読み、理解が曖昧な領域があれば、丹念に調べて弱点を消していきます。調べる中で、授業で使えそうな知識を見つけたら、ノート等に書き込んでおきましょう。

次に、各単元について、どのように教えれば効果的なのか、考えを巡らせておきましょう。どの教科書会社も、単元別に指導のポイント等をホームページ上で公開しているので、チェックしておくことをおすすめします。

自分の着任先が、どの会社の教科書を使っているかは分かりません。しかし教科書はどれも学習指導要領に沿って作られているため、事前の予習が無駄になることはありません。

小学校に着任する予定の人は、初年度に2~4年生を担任するケースが多いため、その学年の教科書は特に入念に読んでおくと良いでしょう。

教科指導・学級経営の解説書を読む

校種・教科別に、たくさんの本が出版されています。何冊か読んで見識を深めておけば、着任後の指導の軸にすることができます。

教科指導に関しては、効果的な板書の進め方・発問の仕方・学習活動の方法などについて書かれた本が出ています。学級経営に関しては、年度当初の「学級開き」のやり方・係や当番活動の回し方・魅力的な教室掲示・いじめの予防法などについて書かれた本が多く出ています。

授業の練習をする

授業練習では、45~50分授業の感覚を意識しましょう。

教職経験のある先生に見てもらうことが難しければ、友人と教師役と生徒役に分かれ、互いの授業を評価し合うなどすれば、緊張感をもって練習することができます。

教育制度への理解を深める

着任すると、余裕をもって学べる時間が少なくなります。だからこそ、着任前に理解を深めておきたいのが、学校教育の制度的な仕組みです。

着任前講座 最新が分かる10の学校事情

具体的に、文部科学省や教育委員会など教育行政の仕組みはどのようになっているのか、学習指導要領はどのような手続きを経て改訂されるのか、教育公務員にはどのような義務が課されているのかなど、基本的なことを理解しておきましょう。自身が着任する都道府県や区市町村については、どのような事業を行い、どのような児童生徒を育てたいのか、再度確認しておくと良いでしょう。

試験対策と違い、教師目線で見れば、新たに見えてくる部分があります。解説書やホームペーのジ記事などを参照しながら、日本の学校教育制度について、理解を深めておきましょう。