*教員採用試験/教員採用ジャーナル

教員採用試験対策だけではなく、充実した教員生活を送るためには、よりどころとなる教育法規を知っておく必要がある。全条文を覚える必要はないので、ここでは教育基本法をはじめ教員として知っておいたほうがよい法規、教採対策に必要な法規について、ポイントとなる条項とともに示す。教採対策として、しっかりとその内容を押さえておいてほしい。

金銭教育の重要性が改めて注目されています。背景と金銭教育が目指すものは何か、あなたの考えを教えてください。

〈質問〉休み時間に、教室でオルガンを弾いていた一郎君。通りかかった昭君がふたにぶつかり、ふたが閉まって、一郎君がけがをしました。保健室で手当てをして、その日は、手紙を書いてもたせました。その後に保護者から「昭君は、わざとふたを倒したのではないですか。いつもうちの子に意地悪をするのです。明日病院に行きますが、治療代は、昭君のおうちで払ってもらいます」と言われました。あなたならどう答えますか。

国立教員養成大学卒業者の教員就職率は微減だが、7割近くで堅調——。文科省はこのほど、国立の教員養成大学・学部の卒業者および国私立の教職大学院の修了者の平成28年3月の就職状況を発表した(本紙2月6日付1面で既報)。ここでは教員養成課程卒業者の教員就職率の推移について見ていく。

文科省は1月26日、教員採用選考の改善を求める通知を、都道府県および指定都市教委に出した。多面的な評価方法により、人物重視の採用選考を実施するよう求めた。今春に告示される新しい学習指導要領を踏まえ、小学校の専科指導を行う教員を確保するため、専門性を考慮した採用選考の実施などを促した。

文科省はこのほど、全68都道府県・指定都市・大阪府豊能地区の教委に対し実施した平成28年度実施の教採選考を対象とした調査結果を公表した(「教育新聞」平成29年2月9日既報)。

文科省は1月31日、平成28年度教員採用選考(27年度実施)の実施状況について公表した。

都教育庁は1月26日、今夏選考の案内を公表した。 求める教師として、「教育に対する熱意と使命感をもつ教師」、「豊かな人間性と思いやりのある教師」、「子供の良さや可能性を引き出し伸ばすことができる教師」、「組織陣としての責任感、協調性を有し、互いに高め合う教師」と示した。今後は3月下旬に実施要綱を発表する予定。

強い意志を持って試験に臨んだことです。「次に桜を見るときは、校庭でかわいい子供たちと一緒に見よう」と心に決めていました。合格した後の自分を想像して、今年は絶対に合格すると確信を持って勉強しました。私が自信を持って試験に臨めたのは、周りの支えがあってのことです。教育実習先の先生方や大学の教授、友人、そして家族がバックアップしてくれたので、安心して試験を受けることができました。

文科省はこのほど、平成29年度公立学校教員採用選考試験の実施方法に関する調査をまとめた。小学校外国語活動に関する試験を実施する自治体が増えるなど、次期学習指導要領の方向性を見据えた取り組みが進められている実態が明らかになった。