初中局教職員課長に聞く 教員養成改革の方向性

平成27年7月16日付で公表された中教審教員養成部会の中間まとめ「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」で、今後の教員養成における指針が示されました。現在は、関係団体からのヒアリングやパブリックコメントが実施され、年内中に答申としてまとめられる予定です。今後、教員の養成課程および採用に重大な影響を及ぼす審議であるため、運用を担当する文部科学省初等中等教育局教職員課課長の茂里毅さんに本審議の要点を伺いました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。