最終合格者3万人台へ、前年より2千人増える

11月5日までに、宮崎県を除く全ての都道府県市で平成23年度教員採用試験の最終合格者の発表が終了した。合格者数は約3万600人で、前年度より約2千人増加した。首都圏や近畿圏など採用規模の大きな県市では、受験者数が前年に比べ1割程度増加し、合格倍率はやや上昇した(宮崎県は11月12日発表)。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。