教員不祥事受け適性検査導入、宮城県が来年度から

宮城県教委の小林伸一教育長は11月17日、頻発する教職員の不祥事を受けて、教員採用試験に適性検査を導入するなど、再発防止策を講じると発表した。適性検査は来年度から実施する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。