今夏選考 英語改革への対応広がる

平成28年度公立学校教員採用選考では、英語教育改革に対応した試験内容の追加や加点制度の導入が広がっている。英語の資格保有者への加点制度を新たに導入するのは、岩手県、埼玉県、大阪市、神戸市、高知県など。小学校に英語の試験内容を追加または修正するのは、新潟県・市、香川県、高知県、大分県など。京都府は小学校英語採用枠を新設する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。