1次選考合格発表続く 受験者数は減少傾向

平成28年度教員採用試験における1次選考の合格発表が7月下旬から各自治体で順次行われている。7月31日までに北海道・札幌市(1次選考合格倍率1・6倍)、埼玉県(同不明)、さいたま市(同2・9倍)、千葉県・千葉市(同不明)、神奈川県(同2・0倍)、川崎市(同1・7倍)、横浜市(同1・9倍)、相模原市(同1・4倍)、新潟県(同2・5倍)、新潟市(同2・0倍)、山梨県(同2・7倍)で結果が発表された。上記のうち、約6割の自治体で受験者が減少した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。