最終選考 平均倍率4・9倍 2次で半数が不合格

平成28年度公立学校教員採用選考の実施状況を本紙調べで集計した。全国69県市の平均倍率は、前年度から0・2ポイント下がり4・9倍となった。倍率は平成12年度採用の13・3倍をピークに下降傾向にあり、平成5年度採用以降の23年間で最も低くなっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。