2次選考倍率は平均2・0倍

2次選考の受験者は7万349人で倍率は前年度と同じく2・0倍となった(埼玉県、静岡県、和歌山県は2次選考受験者数非公表のため1次選考合格者数で計算。石川県、堺市は1次・2次の選考区別がないため最終合格者数で計算。以下同)。1次選考の倍率は2・5倍のため、0・5ポイントの差があると分かる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。