次期学習指導要領改訂について学ぶ 情報収集して先取りを

次期学習指導要領改訂については、昨年11月にスタートを切り、現在審議中である。見通しとしては、平成28年度中に中教審としての答申がなされる予定だ。しかし、改訂におけるキーワードや「論点整理」が示されるなど、その過程は明らかにされている。教員志望者としては、その動向に注目し、把握しておくことは当然のことである。面接等では質問されたり、話題になることも予想されるので、漏れのないようその動きを勉強しておきたい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。