採用者数は依然増加傾向 競争率の低下も続く

文科省はこのほど、平成27年度教員採用試験(平成26年度に実施)の実施状況調査の結果を発表した。その結果、競争率(倍率)は、全体で5・4倍で、前年度の5・7倍より減少。平成12年度をピークに減少傾向が続いていることが分かった(28年度採用試験の実施方法に関する調査結果は、2月4日付号に既報)。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。