公立学校教員採用試験 NEWSダイジェスト 東京都 採用見込み数2割減 大阪府 2次選考で個人面接

平成29年度公立学校教員採用選考の実施要項の発表が東京都や大阪府などの自治体で順次、行われている。採用見込み数は東京都が前年度から約2割減少し2335人。大阪府は前年度には1次試験で行った内容を、1次選考で筆答、2次選考で個人面接と分けて実施する。

【岩手県】要項配布4月8日~。出願期間4月28日~5月18日。1次選考7月23日・24日。採用見込み数は前年より26%増の335人。

【福島県】要項発表4月下旬。主な変更点は▽大学院修士課程1年生および進学予定者へ採用候補者名簿の登載を2年間猶予▽小学校・特別支援学校小学部の英語資格保有者への加点▽小学校英語リスニングの配点を10点から20点に変更など。

【東京都】要項発表。出願期間は5月6日午後6時まで(電子申請の場合)。1次選考は1次選考7月10日(会場は東京都のほか、仙台市、神戸市、福岡市で実施)。採用見込み数は2335人(前年比約2割減)。主な変更点は、採用枠に「小学校全科英語コース」を新設など。

【岐阜県】要項配布5月上旬。出願期間5月23日~5月31日。1次選考7月23日。

【大阪府】要項発表。出願期間は5月6日午後5時まで。1次選考(筆答テスト)は7月2日、2次選考(面接)は7月23日・24日・30日。採用見込み数は2090人(前年比約8%減)。主な変更点は、昨年度までの1次選考を、今年度は1次で筆答、2次で個人面接に分けて実施し、昨年度の2次選考を3次選考として実施するなど。

【堺市】要項発表。出願期間(電子申請)5月31日まで。筆答試験7月2日。主な変更点は、面接試験の集団討論に加えて集団面接を実施するなど。

【兵庫県】1次選考の集団面接7月2日、筆記7月24日。詳細は4月下旬発表。

【和歌山県】願書配布4月25日~。出願期間4月25日~5月12日。1次選考の筆答7月24日、面接7月2日・3日・9日。主な変更点は中・高・養護で講師経験による1次試験の一部免除の実施など。

【徳島県】要項発表。出願期間5月16日~27日(電子申請の場合)。1次選考7月24日~31日。採用見込み数は213人。

【福岡市】要項配布4月18日から。出願期間4月18日~5月13日。1次選考の筆記7月3日、面接・適性検査7月23、24日。

【大分県】主な変更点は▽前年度の1次試験および2次試験合格者の第1次試験の免除要件▽他県教員を対象とする1次試験免除制度の勤務期間要件。

【宮崎県】要項配布は5月2日~。出願期間5月9日~20日。1次選考7月16、17日。

関連記事