教員採用選考 担当課長に聞く 平成29年度採用選考の動向【九州】

本紙は、平成29年度公立学校教員採用選考(今夏実施)の動向を探るため、都道府県・指定都市教育委員会の採用選考担当課長に書面インタビューを行いました。今号は、北海道・東北四国、九州地域の全回答を掲載します。(回答は4月下旬時点のものです、最終確認は実施要項を参照ください)。※関東甲信越東海地域は前々号(3月21日号)、近畿北陸中国地域は前号(4月7日号)で掲載。

【自治体を選択してください】

[vc_tabs interval=”0″][vc_tab title=”福岡県” tab_id=”0f7052fa-9c1d-6″]

福岡県教育委員会
教職員課長 上田 哲子

 

【1.求める教師像】

本県教育委員会では、次の資質を有する教師を求めています(1)子どもが憧れる人間的魅力(2)子どもに対する広く深い愛情(3)教師としての強い使命感。

【2.選考の特徴・主な変更点】

本県の教員採用選考は、第1次試験において教科の専門的能力および教員としての基本的能力による選考を、第2次試験において教員としての資質・適正による選考を基本方針としております。なお、人物重視という観点から、第1次試験において集団討論を、第2次試験において個人面接を実施し、特に、第2次試験の個人面接においては、民間人面接員を加えることで多面的な人物評価に努めています。

【3.選考日程】

▽説明会:予定なし▽願書配布および受け付け日程:平成28年5月17日~6月3日▽第1次試験の日程:7月16日~18日▽第2次試験の日程:8月下旬~9月上旬。

【4.採用見込み数】

29年度分は5月中旬に公表予定です(28年度分:小学校390人、中学校210人、高校170人[福岡県立のみ]、特別支援学校55人[福岡県立のみ]、養護教員34人、栄養教員10人)。

【5.人物試験の評価観点】

5月中旬に公表予定です。

【6.受験者へメッセージ】

福岡県では、創造性や個性に富み、学力・体力を備えた子ども、豊かな人間性や志を持ち、たくましく生きる子どもの育成を目指し、知・徳・体をバランスよく育む教育を行っています。そのために、子どもの可能性を最大限に引き出し、伸ばしていこうとする、子どもたちが大好きな方を求め、「子どもが憧れる人間的魅力」「子どもに対する広く深い愛情」「教師としての強い使命感」を教師として求める人物像としています。私たちと一緒に、福岡県の子どもたちの輝く未来を創っていきましょう。子どもと共に意欲的に学び、子どもと共に汗をかき、子どもと共に笑い、悩み、感動を分かち合える人間的魅力にあふれる先生をお待ちしています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:1140人、391人、2.92倍▽中学校:1099人、211人、5.21倍▽高校1558人、174人、8.95倍▽特別支援学校223人、55人、4.05倍▽養護教員251人、34人、7.38倍▽栄養教員54人、10人、5.40倍。

[試験内容・配点]

〈1次試験(高校教員は福岡県立のみ)〉▽小学校・特別支援学校(小学部):専門教科150点、教職教養50点、集団討論3段階評価、特別支援専門100点(特別支援学校のみ)▽中学校・高校・特別支援学校(中学・高等部):専門教科150点(英語=専門教科100点+リスニング50点、音・美・書・保体=専門教科50点+実技100点)、教職教養50点、集団討論3段階評価▽養護教員・栄養教員:専門教科150点、教職教養50点、集団討論3段階評価。〈2次試験(高校教員は福岡県立のみ)〉▽模擬授業4段階評価、個人面接5段階評価、論文4段階評価、実技試験4段階評価(小学校、中学高校[理科・家庭]、中学校[技術]、高校[農業・工業・商業]、養護教員のみ)、英語面接5段階評価(中学・高校[英語]のみ)、適性検査4段階評価。※合格基準点は、公表していません。

[論文課題]

▽〈小学校、中学校、養護教員(指定字数なし)〉:社会環境や産業・経済の構造変化などに伴い、キャリア教育の推進が強く求められています。そこで、キャリア教育とは何かを述べた上で、キャリア教育の視点をどのように教育活動に取り入れるか、具体的に述べなさい。また、それらのことを踏まえて、これからの教師に求められる資質や能力、および教師としての力量をどのように高めていくかを述べなさい▽〈高校、特別支援学校教員(指定字数なし)〉:教員の中には、児童生徒に関する理解が不足していたり、教職に対する情熱や使命感が低下している者が少なからずいることが指摘されています。そこであなたは児童生徒や保護者、地域から信頼される教員となるために、どのような教職生活を送ろうと考えていますか。具体的に述べなさい▽〈栄養教員(指定字数なし)〉:給食の時間における食に関する指導は、食育を推進する上で極めて重要です。給食の時間における指導の特質と栄養教諭の果たすべき役割を具体的に述べなさい。また、学校での食育を推進する上で栄養教諭として必要な資質や能力、および栄養教諭としての力量をどのように高めていくかを述べなさい。

[面接の実施方法]

第2次試験の個人面接は、模擬授業に継続して実施(養護教員は個人面接のみ)。その他の実施方法については、公表していません。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”福岡市” tab_id=”1461840402841-1-6″]

福岡市教育委員会
教職員第1課長 堤 清武

 

【1.求める教師像】

福岡市では、「(1)公務員としての自覚と高い倫理観、教育者としての情熱と強い使命感を持つ人(2)広く豊かな教養と社会性を備え、教育専門家としての確かな力量を持つ人(3)心身ともに健康で、子どもへの愛情と豊かな人間性を持つ人」を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

▽教養系試験の統合:これまで第1次試験で実施していた2つの教養系試験(「教職教養」および「一般教養」)を「教養試験」として1つに統合▽面接試験の充実:これまで小学校教諭受験者の一部を対象に行っていた第1次面接試験を、高校教諭受験者を除くすべての採用区分・校種に導入し(第1次筆記試験の上位者のみ)、面接試験の内容を個人面接からグループワークを含む集団面接に変更▽試験日程の変更:これまで7月中旬に実施していた第1次筆記試験を7月3日に実施し、第1次面接試験を7月23、24日に実施。

【3.選考日程】

▽説明会:4月17日福岡市教育センター(実施済)▽願書配布および受け付け:実施要項および志願書は4月18日~配布開始(実施要項については、同日に福岡市教育委員会ホームページにも掲載)▽受け付け期間:小学校、中学校、特別支援学校、養護教諭、栄養教諭は4月18日~5月13日。高校は採用予定者数等の公表日(5月中旬~6月15日)▽第1次試験:小学校、中学校、特別支援学校、養護教諭、栄養教諭は7月3日筆記試験、7月23、24日面接試験・適性検査(※筆記試験の成績上位者のみ)を実施。高校は7月17日筆記試験・適性検査を実施▽第2次試験:全校種共通8月12日~26日に実施する予定です。

【4.採用見込み数】

現時点で未定です。小学校教諭、中学校教諭、特別支援学校教諭、養護教諭、栄養教諭については4月末までに、高校教諭については5月中旬に公表予定です。(参考前年度:小学校184人、中学校81人[中高枠を含む])、高校5人、特別支援学校小学部18人、特別支援学校中学部17人、養護教諭9人、栄養教諭3人。

【5.人物試験の評価観点】

27年度に実施した試験における評価の観点等は、次の通りです(1)論文(第1次試験:特別選考のみ実施):教員としての適性について、意欲、力量、姿勢、論文構成力などの観点から評定しています(2)面接(第2次試験:全選考区分で実施):「本市が求める教員像」の要素を基本とし、主としてコミュニケーション能力、思考的能力、情緒安定性、対人関係構築力、責任感、積極性などの観点から、教員としての資質・適性、人物を総合的に評定しています。

【6.受験者へメッセージ】

人口が増え続ける福岡市では、高い倫理観、確かな指導力量を備えた情熱あふれる教員を求めています。教員としてのスキルを伸ばすためには、豊かな教養、社会性、人間性といった社会人基礎力を培うことが重要です。さまざまな経験を通じ、多様な価値観に触れて思考を深め、自分を磨いてください。福岡市教育委員会の「新しいふくおかの教育計画」はぜひ読んでください。このまちがどういう教育をしていきたいか十分理解し、実践に向けた心構えをしておくことも大切です。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:678人、184人、3.7倍▽中学校:689人、81人、8.5倍▽高校:34人、5人、6.8倍▽特別支援学校小学部:66人、18人、3.7倍▽特別支援学校中学部:97人、17人、5.7倍▽養護教諭:99人、9人、11.0倍▽栄養教諭:29人、3人、9.7倍。

[試験内容・配点]

▽1次試験:教職教養50点、専門教科75点、一般教養50点、適性検査。※特別支援学校の場合、上記の他に専門教科(特別支援教育)75点▽2次試験:面接120点(模擬指導を含む)、実技(一部教科で実施)6~100点(点数は「不可とする基準」においてのみ用いる)。

[論文課題]

特別選考の選考区分により課題内容が異なります。いずれの場合も、指定字数は800字程度です。なお、課題内容は、福岡市情報プラザ(福岡市役所1階)で閲覧が可能です。

[面接の実施方法]

▽第1次試験:個人面接▽第2次試験:個人面接(模擬指導を含む)。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”北九州市” tab_id=”1461840637544-2-6″]

北九州市教育委員会
教職員課長 古小路 忠生

 

【1.求める教師像】

教員としての使命感や自覚を基盤としつつ、教科等の指導力をはじめ、学級経営能力や生徒指導能力、さらに保護者や地域住民との良好な人間関係を築く能力等さまざまな面で高い資質能力や意欲のある教員を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

平成29年度選考では、主に本市の児童生徒の学力向上に寄与できる、優れた資質能力を備えた魅力有る教員を求めるため、大きく分けて3つの改正を行いました▽1点目は中学校教員のうち理科の試験内容の充実を図り、実技試験を追加します。この改正に伴い、理科の2次試験の配点は、これまでの600点から650点となります▽2点目は、中学校教員のうち英語の試験内容の充実を図り、論文試験を追加します。この改正に伴い、英語の2次試験の配点は、これまでの600点から700点となります▽3点目は、2次試験において作業能率や性格・行動面の特徴を測る内田クレペリン検査を実施していますが、受験者の負担軽減を目的に廃止します。

【3.選考日程】

未定です(前年度並みの見通し)。

【4.採用見込み数】

未定です(28年度選考[27年実施]:小学校105人、中学校45人、特別支援学校25人、養護教員10人、栄養教員2人)。

【5.人物試験の評価観点】

▽集団面接:態度、積極性、社会性、自己統制、表現力など▽個人面接:基礎的知識、積極性、意欲、態度、使命感、責任感など▽論文:論文構成、論旨、文章の記述(誤字、脱字、句読点の使い方)、文章量など。

【6.受験者へメッセージ】

北九州市では、教員として必要な基礎的・基本的知識に関する試験はもとより、実技、面接等多様な試験を実施します。また、部活動やボランティア活動等の経験も考慮し総合的な選考を行います。なお、選考試験の趣旨や選考区分、試験内容等の詳細については、本市ホームページで閲覧できますのでご利用ください。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:303人、108人、2.8倍▽中学校:322人、45人、7.2倍▽特別支援学校:79人、26人、3.0倍▽養護教員:75人、10人、7.5倍▽栄養教員:30人、2人、15.0倍。

[試験内容・配点]

▽1次試験:教職教養50点、専門教科150点(中学校・特別支援学校中学部の音・美・体及び英語は実技またはリスニングを含む)集団面接150点▽2次試験:模擬授業200点、個人面接300点、論文100点、実技[音楽50点、体育50点、水泳40点、英会話60点](小学校・特別支援学校小学部のみ)、[英語口述100点](中学校・特別支援学校中学部の英語のみ)。

[論文課題]

▽小・中・特別支援共通:近年、学級の中で自分の考えや感情等をうまく表現できない児童生徒が増えているとの指摘があります。そのような中、一方的に自分の感情を押さえ込んだり、逆に衝動的で攻撃的な方法で自己主張をしたりする児童生徒がおり、いじめや学級の荒れにつながる状況になっています。このような状況を踏まえ、学級内の児童生徒が自分の考えや感情等をうまく表現し、より良い人間関係を築くために、あなたは学級担任としてどのようなことに取り組んでいきたいと考えますか。具体的に述べなさい(800字以内)▽養護教員:児童生徒のメンタルへルスに係る健康課題は「友達や家族などの人間関係」「不登校・保健室登校・引きこもり等」「発達障害等の集団生活等への不適応」「いじめ」「性」「不眠」等多様化しており、個々の事例に応じてきめ細かく対応する必要があります。このような中で養護教諭に対しては、児童生徒の健康課題について中核的な役割を果たす者として、ますます期待が高まっているところです。そこで、児童生徒の健康課題を的確に把握するために、どのようなことに取り組んでいくか(1)養護教諭の職務の特質(2)保健室の機能(3)養護教諭による健康相談の役割といったことに言及しながら、具体的に述べなさい(800字以内)▽栄養教員:社会環境の変化や食品流通の変化等を背景に、家庭での食生活は大きく変化してきました。その結果生じているとも言われる「個食」や「欠食」の問題が、学校生活に影響を及ぼしているとの指摘もあります。また、各種アレルギー疾患の児童生徒も増加傾向にあり、食物アレルギーの児童生徒も在籍していることから、学校においてもその対応が求められています。栄養教諭として食に関する指導を行うにあたり、あなたはこういった問題にどのように対応していくか、家庭や地域社会との連携という視点をふまえ具体的に述べなさい(800字以内)。

[面接の実施方法]

▽1次試験:集団面接▽2次試験:個人面接、模擬授業。配点および評価の観点は上記の通り。その他は非公表。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”大分県” tab_id=”1461840898792-3-8″]

大分県教育委員会
教育人事課長 藤本 哲弘

 

【1.求める教師像】

以下の4点を「求められる教員像」として示しています(1)専門的知識をもち、実践的指導力のある人(2)使命感にあふれ、高い倫理観と豊かな人間性をもつ人(3)柔軟性と創造力をそなえ、未知の課題に立ち向かう人(4)学校組織の一員として考え行動する人

【2.選考の特徴・主な変更点】

平成29年度選考(28年度実施)における主な変更点は以下のとおりです。▽第1次試験の免除要件の変更(1)第1次試験および第2次試験合格による第1次試験の免除要件の拡充(2)他県教員を対象とする第1次試験免除制度の勤務期間要件の短縮▽大学院生を対象とする採用延期制度の拡充。詳細は5月に実施要項、県教育委員会ホームページ等でお知らせします。

【3.選考日程】

例年、願書配布は5月上旬頃から、願書受け付けは5月下旬から行っています。各試験の日程の詳細は、実施要項でお知らせします。

【4.採用見込み数】

平成28年度選考の一般選考では、小学校130人、中学校70人、高校31人、特別支援学校38人、養護教諭26人の計295人を募集しました。なお、特別選考として、障がい者特別選考2人、社会人特別選考2人、スペシャリスト特別選考2人を別途募集しました。今年度実施の29年度選考における採用予定者数は実施要項でお知らせします。

【5.人物試験の評価観点】

28年度選考における面接では「態度・表現力」「使命感・積極性」「責任感・堅実性」「創造力・柔軟性」「協調性・職場適応性」を評価しました。なお、一般選考においては、論文試験は実施していません。

【6.受験者へメッセージ】

大分県では、子どもの挑戦や自己実現を支える学校教育を推進し、子どもたちが将来社会で生きていくうえで必要なコミュニケーション能力や、問題解決能力などを身に付けられるよう力を入れています。その実現のために、教員採用においては、1次試験で「基本的知識等の修得状況」を、2次試験で「教員として必要な専門性」を、3次試験で「教員として必要な人間性」を判断することとし、優秀な人材の確保に努めています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:408人、130人、3.1倍▽中学校:444人、70人、6.3倍▽高校:340人、30人、11.3倍▽特別支援学校:118人、38人、3.1倍▽養護教諭:84人、26人、3.2倍

[試験内容・配点]

今年度実施の試験内容等は実施要項でお知らせします。昨年度実施選考における実技試験を課さない教科の配点例は下記の通りです。▽1次試験150点、教養試験50点、専門試験100点▽2次試験350点、模擬授業200点、口頭試問150点▽3次試験350点、面接〔1.〕150点、面接〔2.〕200点。

[論文課題]

一般選考においては、論文試験は実施していません。

[面接の実施方法]

模擬授業、場面指導は2次試験で、集団討論、個人面接は3次試験で実施しています。模擬授業、場面指導および集団討論のテーマ、それぞれの評価項目等を公表しています。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”長崎県” tab_id=”1461842224872-4-6″]

長崎県教育委員会
高校教育課長 本田 道明

 

【1.求める教師像】

現代社会は、国際化や情報化などの進展に伴い、物事の変化が激しく、人々を取り巻く環境が大きく変化しています。このような現代社会を生きる子どもたちには、これまで直面したことのない課題にも主体的にかかわり、解決する力が必要であり、私たち教職員の使命は、そのような社会を生き抜く力を身に付けさせることだと考えています。また、本県では、常に「子どもたちのために、親身になって最善を尽くす教師であり続ける」というゆるぎない思いと、ぶれない信念、そして教師としての誇りを持ち続けることができる人を求めています。さらには、自らが夢や未来への希望を語り、児童生徒の夢や憧れを育てるという情熱をもった教師になってほしいと考えています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

長崎県では、子どもたちに深い愛情を注ぎながら、その使命を自覚し、見識と指導力を高め、本県教育の充実と発展に努めることのできる教員を求めています。そのため、2次試験においては、教壇における課題面接の実施や2回の個人面接を実施することにより、知識や技能だけでなく、教師としての適性や資質を総合的に判断する、人物重視の選考を行っています。主な変更点については、実施要項において詳しく掲載いたします。

【3.選考日程】

以下の日程はすべて予定です▽要項配布:5月10日~▽出願手続:電子申請による出願を原則とする▽出願期間:5月16日~27日午後5時(郵送の場合は5月27日消印有効)▽1次試験:7月17日▽2次試験:[A日程]8月17日[B日程]8月26日~9月7日のうち指定された1日。

【4.採用見込み数】

未定です([28年度採用見込み数]小学校:140人、中学校:80人、高校:50人、特別支援学校:35人、養護教諭:35人)。

【5.人物試験の評価観点】

〈参考:28年度採用〉小論文:論旨・表現▽個人面接:適性・意欲・社会性・指導力・専門性。

【6.受験者へメッセージ】

子どもたちを前にして教壇に立つ者の人間性、受験校種・職種で求められる専門性を磨いてください。また、「第二期長崎県教育振興計画(長崎県教育委員会ホームページ参照)」の中に掲げた長崎県教育の目指す人間像をよく読み、校種・職種ごとの「求める教師像(長崎県高校教育課ホームページ参照)」を理解しておいてください。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:524人、140人、3.7倍▽中学校:455人、85人、5.4倍▽高校:410人、51人、8.0倍▽特別支援学校:119人、37人、3.2倍▽養護教諭:108人、35人、3.1倍。

[試験内容・配点]

〈1次試験〉教職・一般教養:100点、専門教科・科目試験:200点(音・美・体は100点)、実技試験:200点(中音、中美、中体は150点)、英会話力テスト:30点(中英・高英のみ実施)▽〈2次試験〉段階評価を行っている。

[論文課題]

「高校が抱える課題を挙げ、その課題に対してどのように取り組んでいくのか記しなさい」高校の一例、その他については長崎県庁県民センター等で公開しています。字数は900字。

[面接の実施方法]

〈参考:28年度採用〉個人面接:小学校受験者は、英語による簡単な表現テスト、中学校・高校英語受験者は、英語による質疑応答を含む▽教壇における課題面接:養護教諭受験者を除く全受験者を対象とする。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”佐賀県” tab_id=”1461842438832-5-6″]

佐賀県教育委員会
教職員課長 福地 昌平

 

【1.求める教師像】

「知識基盤社会」の到来に当たり、確かな学力と豊かな心、健やかな体の育成を図るために、教育に対する使命感・情熱に加え、豊かな人間性や実践的な指導力および粘り強く取り組むたくましさを兼ね備えた教職員を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

▽英語特定資格所有者特別選考を新たに実施する▽特別支援学校教諭等の試験区分で、これまで第2次試験で実施していた「特別支援教育専門試験」を第1次試験で実施する▽「社会人特別選考」では、特別免許状の取得を前提とした「社会人特別選考2.」を新たに実施する。

【3.選考日程】

説明会・願書配布:平成28年5月14日(他情報の公開日は5月14日以降。以下の日程は前年度のものです。受け付け:5月27日~6月9日、第1次試験:7月19日、第2次試験:8月20日~23日)。

【4.採用見込み数】

▽小学校:110人程度▽中学校:75人程度▽高校:45人程度▽特別支援学校:25人程度▽養護教諭:15人程度▽栄養教諭:若干人。ただし特別支援学校には、小・中・高校からの採用者を含む。

【5.人物試験の評価観点】

28年度選考の小論文は、「論旨、表現」などの観点で、面接試験は、「誠実さ、使命感、明朗さ、社会性、意欲・行動力、コミュニケーション力、課題解決力」などの観点で、それぞれ総合的に評価しました。

【6.受験者へメッセージ】

本県教育委員会では、26年度選考から、第2次試験において電子黒板を使った模擬授業試験を実施しています。電子黒板をはじめ、さまざまなICT機器の活用方法等について十分理解し、授業における効果的な活用方法について学んでおいてほしいと思います。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:315人、110人、2.9倍▽中学校:317人、85人、3.7倍▽特別支援学校:48人、9人、5.3倍▽高校:359人、45人、8.0倍▽養護教諭:78人、15人、5.2倍▽栄養教諭:13人、3人、4.3倍。

[試験内容・配点]

▽1次試験―(1)小学校・特別支援学校(小学部):一般・教職教養50点、専門試験「1.」100点、専門試験「2.」100点、英語筆記試験(小学校英語特別選考のみ)100点(2)中学校・高校・特別支援学校(中学部、高等部):一般・教職教養50点、専門試験「1.」160点(英語160点、音楽・美術・書道・保健体育80点)、専門試験「2.」(英語40点[リスニング]、音楽・美術・書道・保健体育120点[実技]のみ)(3)養護教・栄養:一般・教職教養50点、専門試験「1.」200点▽2次試験―個人面接「1.」90点、個人面接「2.」80点、模擬授業(ICT利活用能力含む)30点、小論文30点、水泳・音楽実技(小・特支小のみ)、技術・家庭実技(該当教科のみ)40点、養護実技(養護のみ)20点、英会話(小・特支小のみ)10点、英語面接(中・高校・特支「英語」、小英語特別選考のみ)40点、特別支援教育専門(特支のみ)40点、体力テスト(持久走)、適性検査。

[論文課題]

▽小・中学校:「児童生徒の思いやりの心を育むためには、児童生徒自身に自尊感情を持たせることが大切と言われています。あなたは、学級担任として児童生徒に自尊感情をどのようにして持たせますか。具体的に述べなさい(800字以内)」▽高校:「教育は人なりと言われるように、教員は、自らの資質・能力を向上させることが責務であり、絶えず研究と修養に努めなければなりません。そのことをふまえ、教育の本質や、教員として今後必要とされる資質・能力にふれながら、あなたが目標としている教師像について、800字以内で述べなさい」▽特別支援学校:「特別支援学校では、障害のある幼児児童生徒の自立と社会参加の一層の促進を目指すために、一人ひとりの個性や能力に応じた教育の推進が求められています。その中で、あなたはどのような教師になろうと考えていますか。教師として必要な資質・能力にもふれながら、800字以内で述べなさい」▽養護教諭:「保健室には、悩みや不安など様々な心の問題を抱える児童生徒が相談に来ており、教育相談の機能を高めることが求められています。あなたは、養護教諭として、保健室の教育相談の機能をどのように高めていきますか。具体的に述べなさい(800字以内)」▽栄養教諭:「佐賀県教育委員会では、朝ごはんを毎日食べる児童生徒の割合を高い水準に維持するよう食に関する指導の充実に取り組んでいます。あなたは、朝食を欠食する児童生徒を減らすために、栄養教諭としてどのように取り組みますか。具体的に述べなさい(800字以内)」。

[面接の実施方法]

面接1.は30分程度。面接2.は20分程度で、その際、電子黒板を使った模擬授業を課します。模擬授業のテーマを開始30分前に提示するとともに電子黒板の操作練習の時間を5分程度設けます。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”宮崎県” tab_id=”1461842766808-6-7″]

宮崎県教育委員会
教職員課長 西田 幸一郎

 

【1.求める教師像】

宮崎県では、(1)子どもに対する愛情と教育に対する情熱・使命感をもち、子どもとの信頼関係を築くことができる教師(2)分かりやすい授業を行い、子どもに確かな学力を育成するなど高い専門性を身に付けている教師(3)社会人としての幅広い教養と良識や倫理観、心の豊かさを身に付けている教師(4)絶えず学び続け、自らの資質・能力を高める教師を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

特別選考として、「スポーツ・芸術の分野に係る特別選考試験」「社会人を対象とした特別選考試験」「他県現職教員及び本県元教員を対象とした特別選考試験」「障がいのある者を対象とした特別選考試験」を実施しています。また、第2次選考試験において、「個人面接」「模擬授業」「場面指導・集団討論」を実施し、教員としての力量や人間性等を評価します。実施要項の主な変更点として、高校水産(機関)における社会人を対象とした特別選考試験や他県現職教員及び本県元教員を対象とした特別選考試験を実施します。

【3.選考日程】

▽実施要項の説明会(宮崎教師道場):5月7日▽願書配布:5月2日~20日▽願書受け付け:5月9日~20日▽特別選考試験:6月18日▽第1次選考試験:7月16日、17日▽第2次選考試験:8月23日~30日

【4.採用見込み数】

▽小学校:116人▽中学校:57人▽高校:43人▽特別支援学校:30人▽養護教諭:23人▽栄養教諭:4人▽合計:273人。

【5.人物試験の評価観点】

本県の評価の観点は次の通りです▽教職教養を含め、教育者としての使命感や意欲、幅広い社会性や人間性等を有しているか▽発達の段階に応じた児童生徒理解、専門的知識・技能の活用力、授業構成力、表現力等に裏打ちされた実践的指導力を有しているか▽教員として必要な実践的指導力、コミュニケーション能力や社会性、専門的知識や人間性を有しているか▽教員として必要な専門的技能、職務遂行に必要な体力、課題解決への意欲等、教員としての実技に関する能力を有しているか。

【6.受験者へメッセージ】

本県では、子どもに対する愛情と教育に対する情熱・使命感をもち、高い専門性や社会人としての幅広い教養と倫理観を身に付けた、学び続ける姿勢のある人材を求めています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:447人、79人、5.7倍▽中学校:478人、51人、9.54倍▽高校:403人、40人、10倍▽特別支援学校:128人、29人、4.4倍▽養護教諭:117人、20人、5.9倍▽栄養教諭:36人、3人、12倍。

[試験内容・配点]

〈1次試験(満点)〉▽教職教養90点▽専門教養:小学校、特別支援学校130点、それ以外は160点▽水泳実技:小学校・特別支援学校30点〈2次試験(満点)〉▽個人面接30点▽英会話:小学校・中学校、高校の英語5点▽模擬授業30点▽場面指導・集団討論45点▽音楽実技:小学校10点▽体育実技:小学校・特別支援学校10点▽救急処置等:養護教諭10点。

[論文課題]

特別選考試験で実施しています。指定時数は800字程度です。

[面接の実施方法]

面接試験では、個人面接、模擬授業、場面指導、集団討論を実施しています。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”熊本県” tab_id=”1461843065856-7-0″]

熊本県教育委員会
首席審議員兼学校人事課長 國武 愼一郎

 

【1.求める教師像】

本県では、「認め、ほめ、励まし、伸ばす」を教育行動指標とする「くまもとの教職員像」を教職員の目指す姿として掲げ、教育的愛情と人権感覚、使命感と向上心、そして、組織の一員としての自覚という教職員としての基本的資質と、児童生徒理解と豊かな心の育成、学習の実践的指導力、保護者・地域住民との連携という教職員としての専門性を持ち、教職員としての資質向上を目指す、情熱とやる気があり、「夢を叶える教育」の推進に携わっていくことのできる人材を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

▽年齢要件の変更:39歳以下⇒49歳以下;受考資格の年齢を平成29年4月1日時点で49歳以下(昭和42年4月2日以降に生まれた者)とします▽第2次考査における個人面接の変更:模擬授業等・個人面接(2)の実施方法の見直し;小学校教諭等、中学校教諭等、養護教諭、栄養教諭については、模擬授業等を10分程度、面接を20分程度にします。また、模擬授業題については第2次考査前には発表する予定です;高校教諭等、特別支援学校(学級)教諭等については、個人面接のみ行います。面接時間は30分程度とし、面接の中で教科指導等における実際の場面を想定した質問を行います▽臨採の第1次考査における免除の拡充:「一部免除」制度の創設;臨時的任用教員等の第1次考査における免除について、第一次考査の考査内容の「全部免除」制度に加えて、「一部免除」制度を創設します。希望者が条件を満たせば、第一次考査の教職科目を免除します▽スポーツ特別選考の新設:高校教諭等保健体育において、スポーツ特別選考を実施します。受考資格を満たす場合、第1次考査を免除し、第2次考査は論述と個人面接を実施します([本紙編集局から]スポーツ特別選考の受考資格は割愛)。

【3.選考日程】

29年度教員採用選考考査に関する説明会は未定です。実施要項・志願書の配付については、5月上旬頃を予定しています。1次考査は7月17日、2次考査の1日目は8月21日、2日目は8月22~26日のうち、指定した1日。

【4.採用見込み数】

29年度教員採用選考考査については未定です(28年度教員採用選考考査は、小学校教諭等110人程度、小・中学校教諭等16人程度(うち英語A区分[小学校教諭と中学校英語または高校英語の免許を併せ持った者を対象])4人以上、中学校教諭等35人程度、高校教諭等44人程度、特別支援学校教諭等39人程度、養護教諭15人程度、栄養教諭3人程度、身体に障がいのある者を対象とした特別選考8人程度[小・中学校教諭等4人程度、高校・特別支援学校教諭等4人程度]でした)。

【5.人物試験の評価観点】

「くまもとの教職員像」で掲げられた「認め、ほめ、励まし、伸ばす」という教育行動指標をもとに、教員としての基本的資質と専門性を持った人物であるかどうかを評価します。

【6.受験者へメッセージ】

教師には、使命感、教育的愛情、人権感覚など多様な資質が求められますが、その基本は、本県の教職員像で掲げられた「認め、ほめ、励まし、伸ばす」ことです。そのためにも児童生徒、教職員、保護者、地域住民など多くの人との信頼関係を築いていくことが大切です。本県の教職員を希望されている方には、「くまもとの教職員像」の趣旨を御理解いただき、本県教育の発展のために、共に「夢を叶える教育」を推進できることを願っています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校:357人、118人、3.0倍▽小・中学校69人、17人、4.1倍▽中学校:316人、37人、8.5倍▽高校:594人、45人、13.2倍▽特別支援学校:234人、39人、6.0倍▽養護教諭:121人、15人、8.1倍 ▽栄養教諭:31人、3人、10.3倍▽身体に障がいのある者を対象とした特別選考:3人、2人、1.5倍。

[試験内容・配点]

▽1次考査:教職科目40点、専門教科等100点(中学校[音・美]、中学校・高校[保体]、高等学校[音]は50点)、実技等50点(中学校[音・美]、中学校・高校[保体]、高校[音]のみ)▽2次考査:専門教科等論述60点(小学校、小・中学校[英A・B区分]、中学校[技・家]、高校[家・英]は30点)、専門教科等実技30点(小学校、小・中学校[英A・B区分]、中学校[技・家]、高校[家・英]のみ)、個人面接(1)120点、模擬授業等・個人面接(2)120点。

[論文課題]

▽小学校:8つの出題の中から1つ選び、出題に示された単元の指導方法について論述する▽中学校・高校:専門教科等の内容や単元の指導方法などに関する出題について論述する▽特別支援学校:特別支援教育に関する考え方や方法等に関する出題に対し論述する▽養護教諭・栄養教諭:養護教諭あるいは栄養教諭の指導に関する出題について論述する(いずれも指定字数なし)。

[面接の実施方法]

面接試験では、「くまもとの教師像」の趣旨を御理解いただき、本県教育の発展のために、共に「夢を叶える教育」を推進できる人材を確保できるよう面接を行います。なお、具体的な質問内容については公表しておりません。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”熊本市” tab_id=”1461843425089-8-10″]

熊本市教育委員会
教職員課長 木櫛 謙治

 

【1.求める教師像】

熊本市は、「人間的な魅力にあふれ、夢と情熱をもって『くまもとの人づくり』をリードする教職員」を求めています。具体的には、次のような点です▽いつの時代も求められる資質や能力:(1)豊かな人間性をもち、人権感覚にすぐれた教職員(2)教育者としての強い使命感と誇り、高い倫理観をもった教職員(3)教育的愛情をもち、子どもたちから信頼される教職員(4)幅広い教養と専門的な知識に基づく実践的指導力をもった教職員▽今、時代が特に求める資質や能力:(1)広い視野をもち、社会の変化に対応して課題を解決できる教職員(2)社会性と高いコミュニケーション能力をもった教職員(3)組織の一員として責任感をもち、互いに高めあい協働する教職員(4)熊本を愛し、保護者や地域の人々に信頼される教職員。

【2.選考の特徴・主な変更点】

〈選考の特徴〉▽全ての受験区分において、受験可能な年齢を60歳未満(昭和32年4月2日生以降に生まれた者)としています▽熊本市立学校の臨時的任用教員、熊本市以外の国公立学校教諭・臨時的任用教員および民間企業等勤務経験者を対象に、それぞれ一定期間以上の経験を有する者に対して、1次試験の一部を免除します。また、身体に障がいのある方を対象にした特別選考を併せて実施します〈主な変更点〉▽「教育都市くまもとの教職員像」に基づき、教師として必要な資質・能力を備えた人材を求め、今年度実施の採用選考試験では、より人物重視の選考を実施する予定です。詳細は5月中旬に配付を予定している実施要項をご参照ください。

【3.選考日程】

▽説明会:県内外の主要大学・短大等にて、教員志望の学生等を対象に個別説明会を実施予定。一般向け説明会は5月に実施予定(どちらも地震災害の影響で現段階では未定です)▽願書配布:5月中旬予定▽試験日程:1次試験=7月17日、2次試験=8月中旬から下旬にかけて実施予定。

【4.採用見込み数】

採用予定数については、実施要項で公表します。

【5.人物試験の評価観点】

「教育都市くまもとの教職員像」に基づき、教師として必要な資質・能力を評価します。

【6.受験者へメッセージ】

本市が求めている教師像を十分理解し、優れた人権感覚や高い倫理観、コミュニケーション能力や協働する意識など、さまざまな場面での実践等を通して身につけておいてください。子どもたち一人ひとりの笑顔と未来のために、熊本市を愛し、教師として必要な能力とやる気をもった教師を募集します。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽幼稚園:59人、3人、19.7倍▽小学校:441人、110人、4.0倍▽中高共通(国・数・英・保体):209人、31人、6.7倍▽中学校(一般・特支):195人、19人、10.3倍▽養護教諭等:59人、5人、11.8倍▽栄養教諭等:26人、2人、13.0倍▽高校(商業):24人、2人、12.0倍。

[試験内容・配点]

〈第1次選考〉▽教職科目40点▽専門A100点(中学校の音・美・保体のみ50点)▽実技(中学校の音・美・保体)50点〈第2次選考〉▽論文60点▽実技・模擬授業(幼稚園・小学校・中高共通の英)60点、模擬授業(中高共通の英以外・高校・養護教諭等・栄養教諭等)40点▽集団討論30点▽個人面接150点〈基準点〉▽第1次選考:各選考試験内容の4割※平均点が配点の4割より低い場合は、平均点▽第2次選考:論文、実技・模擬授業、集団討論については、平均点の5割。個人面接は、配点の4割。

[論文課題]

課題の概要は次のとおりです。指定字数は800字以内▽小学校・中学校・高校・養護教諭・栄養教諭等:それぞれ学級担任、養護教諭、栄養教諭として、指導に関する考え方や方法等について論述する。

[面接の実施方法]

第2次選考で集団討論・模擬授業・個人面接を実施しておりますが、具体的な方法については公表しておりません。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”鹿児島県” tab_id=”1461843430856-9-0″]

鹿児島県教育委員会
教職員課長 寺園 伸二

 

【1.求める教師像】

鹿児島県は、南北600キロと広域で、離島やへき地の学校が多いことから、多様な環境に柔軟に適応でき、困難に立ち向かうたくましさ、児童生徒に対して情熱と教育的愛情、使命感をもって接することのできる、心身ともに健康な人材を求めています。

【2.選考の特徴・主な変更点】

平成29年度選考の実施要項は、現在検討中です。

【3.選考日程】

平成29年度選考の説明会等の日程は、現在検討中です(28年度選考の日程▽願書配布:5月14日▽願書受け付け:5月25日~6月8日〈電子申請:6月5日まで〉▽1次試験日:7月18、19日▽2次試験日:8月27日~9月7日のうち、指定された1日)。

【4.採用見込み数】

29年度選考の採用見込み数は、現在検討中です(28年度選考の校種別採用者数▽小学校:75人、養護教諭:21人、中学校:55人、栄養教諭:3人、高等学校:31人、実習助手:4人、特別支援学校:21人、船舶職員:1人)。

【5.人物試験の評価観点】

面接試験においては、筆記試験では捉えにくい、教員としての適格性等を把握するため、(1)指導性(2)社会性(3)論理性(4)態度等の観点で評価しています。

【6.受験者へメッセージ】

教員になるには、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、教育者としてふさわしい豊かな人間性や的確なコミュニケーション能力など、さまざまな能力をバランスよく兼ね備えることができるよう、研鑽を積むことが大切です。また、教師は、その立ち居振舞いも児童生徒の模範となることから、日頃から、何事においても謙虚な姿勢で真摯に取り組んだり、社会人として、また教師としてのふさわしい身なりや言動が身に付くよう心がけたりすることが大切です。地域社会の一員として、子どもと正面から向き合い、子どもと共に汗を流し、子どもの描く夢の実現に向けてひたむきに努力する皆さんを待っています。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校756人、75人、10.1倍▽中学校579人、56人、10.3倍▽高校616人、32人、19.3倍▽特別支援学校119人、19人、6.3倍▽養護教諭119人、21人、5.7倍▽栄養教諭52人、3人、17.3倍▽合計2241人、206人、10.9倍。

[試験内容・配点]

28年度選考の試験内容については、次のとおりです▽1次試験=教科専門、教職教養、実技(中・高校、特別支援学校の音楽、美術、保健体育、英語、高校の書道の受験者)▽2次試験=個人面接、グループ討議(小・中・高校の教諭、養護教諭、栄養教諭)、適性検査、体育実技(小学校)、被服実技(中、高校の家庭の受験者)。29年度の配点は、県庁行政庁舎2階県政情報センターで公開します。また、合格基準点は設定しておりません。

[論文課題]

論文試験は実施していません。

[面接の実施方法]

▽個人面接:本県教職員を志望する動機や専門分野に係る取組の状況、教育や子どもに対する情熱・思い、ボランティア経験等を具体的に質問しています▽グループ討議:4~5人のグループに1つのテーマを与え、そのテーマについてそれぞれの意見を出し合い、協議する。

トップに戻る

[/vc_tab][vc_tab title=”沖縄県” tab_id=”1461843914920-10-1″]

沖縄県教育委員会
学校人事課 新垣 健一

 

【1.求める教師像】

本県の求める教師像は、次の4つの点です(1)人間性豊かで、教育者としての使命感と幼児児童生徒への教育的愛情のある教員(2)幅広い教養と教育に関する専門的知識・技能を有し、常に学び続ける実践的指導力のある教員(3)沖縄県の自然、歴史及び文化に誇りを持ち、多様性を受容し、グローバルな視点を兼ね備えた教員(4)豊かなコミュニケーション能力を有し、組織力を活用できる総合的な人間力を持った教員。

【2.選考の特徴・主な変更点】

詳細は、試験概要や実施要項で確認してください▽「選考で重視する視点」の変更について:選考で重視する「求める教員像」を改めました▽試験名称の変更について:前年度までは「平成28年度(平成27年実施)沖縄県公立学校教員候補者選考試験」のように、採用する年度と実施する年を併記した名称としていましたが、今年度からは「平成28年度実施沖縄県公立学校教員候補者選考試験」と、試験を実施する年度のみを表示することとしました▽臨任等経験による第1次試験の一部試験免除の要件の変更について(1)一部試験免除の対象となる経験について、「本県の正規任用の教員等としての経験」を追加します。ただし、試験実施年度の4月1日現在で現に正規任用の教員等として勤務している者は対象としません(2)一部試験免除を希望する者が学校長に依頼する様式を変更します▽資格・経験等による第1次試験の加点制度の変更について:高校教諭等「水産」における、海技士資格を対象にした加点について、次のとおり変更します(1)対象となる海技士資格を「機関」から「航海又は機関」に変更します。また、海技士資格を有しているほか、その資格を取得してから1年以上の乗船経験を有していることを条件とします(2)加点される点数を10点に変更します▽第1次試験の試験時間の変更について(1)これまで「一般教養及び教職教養試験」「専門試験」の順番で行ってきた筆記試験を、「専門試験」「一般教養及び教職教養試験」の順番に変更します(2)小学校・特別支援学校小学部の専門教科試験の時間を、110分に変更します▽第2次試験の中学校・高校・特別支援学校中高共通「保健体育」の実技試験内容について:第2次試験で実施する中学校・高校・特別支援学校中高共通「保健体育」の実技試験で課す種目を変更します([本紙編集局から]種目等は割愛)▽大学院・教職大学院進学者の名簿登載の延期について:大学院や教職大学院に進学を予定する者や大学院修士1年に在学中の者で一定の条件を満たす場合に、大学院の修了まで名簿登載を延期する制度を導入します▽その他(1)電子申請による願書作成のシステム変更に伴い、操作の仕方が変更になります(2)試験会場でのスマートウォッチ(携帯型情報端末)の使用を禁止します(3)第2次試験の実施会場を変更します。

【3.選考日程】

▽説明会:4月13、16、19、20日の4日間で、県立総合教育センターと県内4大学にて実施▽願書配布:4月28日正午~インターネットでダウンロード可能(紙媒体で請求されたものについては4月28日~順次発送)▽願書郵送受け付け期間:5月6~13日▽願書持参受け付け期間:5月6日午前9時~午後5時※1日のみです▽1次試験日:7月17日▽2次試験日:8月19~21日▽3次試験日:9月10日~9月11日。

【4.採用見込み数】

▽小学校教諭等:230人程度▽中学校教諭等:100人程度▽高校教諭等:50人程度▽中学校・高校教諭等共通:20人程度▽特別支援学校小学部教諭等:10人程度▽特別支援学校中学部・高等部教諭等共通:10人程度▽養護教諭:10人程度。

【5.人物試験の評価観点】

▽論文試験:課題把握、教師としての実践的指導力、論理的表現力などを評価▽面接試験:教職への理解、教科等の指導力、向上心、対応力、将来性、社会性、心身の健康と人間的な魅力などを評価。

【6.受験者へメッセージ】

沖縄県教育委員会では、人間性豊かで、教育者としての使命感と幼児児童生徒への教育的愛情があり、教科等の専門的知識・技能を有し、常に学び続ける実践的指導力のある教員の確保に努めています。沖縄県の子どもたちのために、「夢と希望の創造者」をめざして、自己研鑽に励んでください。

■  □  ■

〈前年度一般選考データ〉
[受験状況(受験者、合格者、倍率の順)]

▽小学校1427人、234人、6.1倍▽中学校:1126人、85人、13.2倍▽高校:1253人、57人、22.0倍▽中高共通:264人、24人、11.0倍▽養護教諭:225人、11人、20.5倍▽特別支援:291人、40人、7.3倍。

[試験内容・配点]

一般試験の試験内容は、筆記試験、適性検査、論文試験、模擬授業、個人面接の他、教科により実技試験、英語面接・英作文、特別支援学校専門筆記試験があります。試験ごとの配点(合格基準点)は公表していません。

[論文課題]

▽小・中・高校教諭(1200字):下の文章の趣旨を踏まえ、あなたの考えや本県教諭として実践したいことについて、文中から関連する箇所のみを引用するなどして1200字で述べなさい「本県の全ての児童生徒が自らの夢や目標に向かって粘り強く歩み続け、将来、自己実現を図り社会に貢献する人材となることは、保護者をはじめ県民の願いである。なお、児童生徒の実態として【人の役に立つ人間になりたい】などの項目において全国平均を上回っており、自己の将来像など学習意欲に係る状況は比較的良い傾向にある。児童生徒の前向きな姿勢や県民の願いに応えるため、学校教育とりわけ教員一人一人が担っている役割は非常に大きい。本県は教育目標の一つに、自ら学ぶ意欲を育て、学力の向上を目指すとともに、豊かな表現力と粘り強さをもつ幼児児童生徒を育成する。を掲げている。そしてその具現化のために、平成28年度までに、全国学力・学習状況調査において小中学校の学力を全国水準に高めることをはじめ、高校進学率や大学等進学率についても具体的な数値目標を平成22年度に設定し、ここ数年様々な施策を展開してきた。その結果、平成26年度全国学力・学習状況調査において小学校は全国水準に達した。しかしながら、中学校は未だに厳しい状況であり、高校進学率は全国平均98.5%に対して本県は96.4%、高校中途退学率は全国平均1.7%に対して本県は2.4%、大学等進学率は全国平均53.9%に対して本県は39.8%にとどまるなど、全国最下位であり早急な改善が求められる。そこで、教員一人一人が、教師としての使命感を礎に、県民の期待に応えるという強い志を持ち、常に授業や言動を見詰め自らを改善する力や、組織の一員として全校体制による取組の動力となる力を身に付け、職責を全うすることが今強く求められているのである」▽特別支援学校教諭(1200字):障害のある子もない子も、子どもにとって「学級」は学びの場であり、生活する場でもある。子どもたちが個々の良さを発揮し、互いに成長し合える学級づくりは、学びの保障のための環境整備とも言え、障害が多様化・重度化した特別支援学校においては特に重要である。障害のある子どもたちの学校生活を豊かにするための「学級経営」について、あなたが受験する教科(小学部、中高美術、音楽、体育)を踏まえ、その考えを1200字以内で述べなさい。

[面接の実施方法]

▽個人面接の実施方法等については公表していません▽模擬授業の課題は当日提示し、出題する範囲・領域については、第1次試験合格者に対して通知することとなっています▽主な質問内容としては教師をめざした理由や保護者への対応についてです。

トップに戻る

[/vc_tab][/vc_tabs]

関連記事