面接準備 10のポイント

▽教師や大学の教官など、できるだけ年上の大人と話すようにして、年上の人と無理なく話せるようにする。

▽自分の性格、興味・関心、特徴、教職観、職業観、人生観などをまとめ、簡潔に話せるようにする。自分の長所、特徴を短時間でアピールできるようにまとめる。

▽教職への志望動機を簡潔に、分かりやすく話せるようにする。エピソードを用意する。

▽学生時代に打ち込んだこと、特に精神的、身体的な成長につながったことをまとめておく。

▽打ち込んだことなどが特にない場合は、どのような学生時代を過ごしたのかをまとめ、正直に話せるようにする。

▽受験仲間と敬語の使い方の練習を日頃から行う。特に、学生言葉を矯正する。

▽教員になるためにどのような努力をしてきたのか、また、どのような教員になりたいのか、まとめておく。

▽面接は人物評価である。自分をアピールできるようにする。

▽志望動機、自分の人となり・考え方、多様なエピソードなどは嘘のない回答を用意する。

▽とにかく、万全の体調で試験に臨めるよう、体調管理を行う。

関連記事