攻略・集団討論 集団を大事にしながら「目立つ」

“知的共同作業”を成功させよう

何人かの受験者を1つのグループとし、1つのテーマを与え、受験者同士で討論させる。採点官が討論のプロセスを見て、各自を評価する――。これが集団討論の概要である。面接試験で最も難しいイメージがあり、苦手意識を抱いている者も少なくないだろう。受験仲間同士で練習を積み重ね、克服しよう。

採点するポイントをつかむ

集団討論で採点官がみるのは、次のような点である。

▽与えられたテーマの本質を的確に捉えて、討論が進められているか。
▽そのテーマに即した具体的な知識、内容が述べられているか。特に関連する答申、教育施策などが適切に示されているか。
▽集団としての討論になっているか。意見が出ない、または一人の意見が突出するなどの事態になっていないか。
▽各自の意見が適切かつ公平に述べられ、論理的な話し合いとなっているか。
▽各自が時間配分に留意するなど、集団での討論の成立に配慮しているか。
▽教員としての自覚のもとに討論に参加しているか。

これらのポイントをクリアするには、どのようにしたらよいか。まず、集団討論のあり方を把握しよう。自治体によって若干異なるが、集団討論の一般的な実施形態は次の通りである。

5~10人くらいの受験者が、車座あるいはアーチ状に着席する。面接官は2~5人が対応。時間は20~60分程度。通常、冒頭に自己紹介があり、その後討論のテーマが発表される。5~10分程度自分の考えをまとめる時間が与えられてから、討論がスタートする。討論の司会進行は、面接官が務める場合と受験者に任せる場合とがある。自由に討論させるケースもあれば、集団面接に続いて討論となるケースもある。

教員として採用した場合、十分にその職責を果たせるかどうか、討論という社会的場面における言動を通して、その資質を判断するのがねらいだ。判断力、協調性、表現力など教員として欠かせない素養がチェックされる。

討論のタイプは3つある

討論のタイプは、主に3つである。まずは、討論するタイプ。「道徳を教科にすることについて」「18歳選挙の導入について」「組み体操の実施について」など、是非を問うテーマで、自分の意見を述べ、討論する。

次に、協議するタイプ。「チーム学校を成功させるには」「いじめ解消を目指し、学校、家庭、地域の連携をどのように進めるか」などのテーマについて、対応策、解決策などを話し合う。

3つ目は座談会スタイル。「持続可能な開発のための教育(ESD)の推進について」「教員はなぜ多忙なのか。その解消法は」などのテーマについて、自由に意見を述べ合う。

提示されたテーマについて、その構造をしっかり把握し分析することが短い時間で求められる。討論が始まれば、各自の意見、経験、知識などを出し合い、討論の中でテーマの焦点化、テーマの深化、課題解決の対策、解決策のまとめ、次の課題への転換、収束への転換へと論を進めていかなくてはならない。かなりの知的共同作業といえる。

採点官は、この討論のプロセスを評価するのである。一人ひとりの言動に着目し、全体として評価していく。教員としての自覚、専門性のもとでの討論になっているか、他の意見を受容するなど協調性があるか、意見をまとめる統率力があるか、などもポイントとなる。

こうした中で自分の意見を主張するなど、他の受験者より“目立つ”必要がある。受験仲間と協力して、事前に入念な練習をし、討論に慣れておくことである。

グループ全員で合格する意識を

練習の際にぜひ意識すべきは、次の3点。

まず、できるだけ「最初のひと声」を発するようにする。討論開始の皮切りである。「討論を始めてください」と言われると、通常、一瞬、間があくものである。他の出方をうかがう、という雰囲気。あえて第一声を発するように心がけて練習しよう。一度発言してしまえば、自分の気が落ち着くし、場も落ち着くようになり、その後の発言がスムーズになるだろう。加えて、本人の積極性が評価される。

次は、「他人の意見を聞く」。最も大切な姿勢といってもよい。他人の意見を聞かない人間は教員に向いているとは判断されないだろう。人の意見を聞かずに、自分の意見を主張するばかりでは、マイナス評価となる。また自分と意見が違うから、反論されたからといって感情的に攻撃するのも絶対に避ける。特に反論するときは、「私は、○○と思うのですがいかがでしょうか」などとソフトな質問形に変える。

最後は、「“目立ち方”を工夫する」。目立たなくてはいけないのは確かであるが、「他の発言を中断させて発言する」「話の流れを強引に自分の趣意に導こうとする」「話を強引にまとめる」などは避けたい。「テーマの本筋から討論が外れそうになったとき、さりげなく修正する発言をする」「討論に積極的に参加しながら、要所要所でまとめていく」などの工夫がしたい。

あくまでも、集団を大事にしつつ目立つということが重要。成立させるには、そのグループの団結力が必要である。グループ全員で合格を目指す、という雰囲気がつくられるとよい。

実はそのために試験当日にぜひやっておくとよいことがある。集団討論が始まる前に、グループの人と事前に会話をして、和やかな雰囲気をつくっておくのだ。全員が初対面である。初対面同士では会話がはずまないから、控室で待っている間に簡単に自己紹介するなどして、仲間意識をつくっておくとよい。グループ全員で討論を成功させて、全員で合格しようという気持ちが大切だ。