公立学校教員採用試験 志願倍率速報(6月7日現在)

各自治体の志願状況(6月7日現在)は以下の通り。

【相模原市】中間発表(5月9日)の志願者は176人、志願倍率は約1.0倍。

【浜松市】志願者は前年より3人増加し596人。志願倍率は前年より0.2ポイント減少し5.2倍。校種別では▽小学校3.8倍▽中学校6.4倍。

【愛知県】志願者は前年より119人減少し8165人。志願倍率は前年より0.1ポイント上昇し5.6倍。校種別では▽小学校3.7倍▽中学校7.1倍▽高校7.6倍▽特別支援学校4.9倍▽養護教諭13.2倍▽養護教諭(県立)9.4倍▽栄養教諭10.8倍。

【滋賀県】志願者は前年より828人増加し2757人。志願倍率は前年より1.9ポイント上昇し5.8倍。校種別では▽小学校3.8倍▽中学校6.7倍▽高校9.3倍。

【大阪市】志願者は前年より459人減少し3410人。志願倍率は前年より0.9ポイント上昇し7.8倍。校種別では▽小学校6.6倍▽中学校5.9倍▽高校12.5倍。

【熊本県】中間発表(5月30日)では、志願者は191人。志願倍率は0.7倍。

【熊本市】中間発表(5月27日)では、志願者は239人。志願倍率は1.9倍。

関連記事