東京都 教員平均年齢が低下

平成27年度の東京都における教員の平均年齢は、23年度に比べて全体で41.8歳から41.0歳と0.8歳低下した(東京都教委・公立学校統計調査報告書)。小学校では50歳代後半の層の山が切り崩され、代わりに20歳代から30歳前半に移った形だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。