筆記の重要度がより増す 教採のプロに聞く来夏試験の傾向

10月に入り、教員志望者は次年度以降の対策を本格的に始動している。そこで、来夏の教採試験動向や志望者が備えておくべき対策などを、本紙「5分でわかる教育時事」で連載中の神谷正孝氏(教員採用試験対策専門スクールkei塾主任講師)に話を聞いた。神谷氏は17年間で7500人以上を直接指導している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。