教育施策を押さえる(4) 試験対策の基本として

次期学習指導要領に係る「審議のまとめ」が公表されている。教員志望者としてはすでに目を通したことと思う。

当然であるが、日本の公教育は国の教育施策によって動いている。教採試験対策として、また教員の素養として、主な教育施策は押さえておかなくてはならない。戦後の主な教育施策をまとめた。内容については各自で調べて、きちんと理解しておこう。

◇ ◇ ◇

平成10年
・教課審答申 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校及び養護学校の教育課程の基準の改善について(答申)
・中教審答申 新しい時代を拓く心を育てるために(答申)
・小中学校学習指導要領、幼稚園教育要領改訂 基礎・資本を確実に身に付けさせ、自ら学び自ら考える「生きる力」の育成
・中教審答申 今後の地方教育行政の在り方について(答申)

11年
・高校学習指導要領、盲聾養護学校幼稚部教育要領、小中学部学習指導要領、高等部学習指導要領改訂
・国旗及び国歌に関する法律公布
・中教審答申 初等中等教育と高等教育との接続の改善について(答申)

12年
・教育改革国民会議発足
・教課審答申 児童生徒の学習と教育課程の実施状況の評価の在り方について(答申)

13年
・文部科学省発足
・小学校児童指導要録および中学校生徒指導要録、盲聾養護学校児童指導要録および生徒指導要録改善(通知)
・第7次標準法改正(少人数による授業、教頭・養護教諭の複数配置の拡充等)

14年
・文科省 確かな学力の向上のための2002アピール「学びのすすめ」
・中教審答申 今後の教員免許制度の在り方について(答申)
・平成10年版学習指導要領実施 完全学校週5日制開始

15年
・中教審答申 新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について(答申)
・「確かな学力」主眼に小中高校学習指導要領の一部改正

16年
・中教審答申 食に関する指導体制の整備について(答申)

17年
・中教審答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について(答申)
・中教審答申 新しい時代の義務教育を創造する(答申)
・中教審答申 特別支援教育を推進するための制度の在り方について(答申)

18年
・中教審答申 今後の教員養成・免許制度の在り方について(答申)
・改正教育基本法公布・施行
・教育再生会議設置

19年
・中教審答申 教育基本法の改正を受けて緊急に必要とされる教育制度の改正について(答申)
・43年ぶりに全国学力・学習状況調査実施
・教育関連三法改正

【次回は平成20年から】

特集