初任研で何を学ぶか 子供との出会いや特別支援など

前回の当紙面「教採対策」で、初任者研修がどのように実施されているのか、その説明を紹介した。ここでは、どのような内容を学んでいくのか、その内容を埼玉県教委が作成した新任教員のための手引である『教師となって第一歩』の目次から見てみよう。参考にしてもらいたい。この手引は、埼玉県立総合教育センターのホームページで閲覧できる。

「教師となって第一歩」
基本編

1. 学び続ける教師
1 教師としての出発点、 2 教師の一日、3 服務、 4 教職員事故防止と倫理観の確立

2. 児童生徒を伸ばす学習指導
1 生き生きとした授業、2 「よい授業」を展開するための心得、3 学習指導における評価、4 教科以外の指導

3. 生徒指導・進路指導・キャリア教育・防災教育
1 心の通う生徒指導、2 夢を育む進路指導、3 キャリア教育の推進、4 学校における防災教育

4. 児童生徒を生かす学級(ホームルーム)経営
1 学級(ホームルーム)経営のねらい、2 学級経営の内容、3 学級経営の方法、4 学級経営と保護者との連携の在り方

5. 特別支援教育
1 特別支援教育の理念と基本的な考え方、2 児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた指導、3 インクルーシブ教育システムの構築のための特別支援教育の推進、4 障害のある児童生徒に対する一貫した支援の在り方

6. 望ましい学校運営
1 校務分掌と仕事の進め方、2 日常欠かせない教育活動、3 開かれた学校づくりと家庭・地域との連携

Q&A編

1.よりよい授業をつくる
2.よりよい児童生徒の生活を考える
3.よりよい学級(ホームルーム)をつくる

あなたへのお薦め

 

特集