来夏試験の主な変更点を発表 仙台市

k20161212_05仙台市教委はこのほど、平成29年度に単独実施する教員採用試験の主な変更点について発表した。

第1次選考の筆記試験は、宮城県と同一日とし、それ以外の選考内容については仙台市独自の内容を実施する。宮城県と同一試験日となるため、受験できるのはどちらか一方になる。合格者は、仙台市のみの採用としている。

主な募集教諭は、小学校、中学校、高等学校、養護、栄養となる。中高枠で募集する教科については、音楽・保健体育・美術・家庭に加えて、国語・社会・数学・理科・英語の9教科としている。

また、全ての校種で特別支援学校教諭免許、中高英語免許の取得者(見込み含む)に対し加点措置を実施するとしている。小学校は英語資格等所有者に加点措置を実施する。詳細な要項は平成29年4月中旬に公表を予定している。

特集