再送 全国3万1575人 39県市で教員採用予定数増(一覧表付き)

64県市で公表 
東京都165人増 大阪府570人減

平成30年度公立学校教員採用選考の採用予定数が64県市で発表された。

採用予定数は前年より496人増加し、3万1575人となった。増加した自治体は39自治体。一方で減少した自治体は18自治体となった(事前公表しない北海道・札幌市を除く)。

採用予定数が増加した主な自治体は次のとおり。

▽東京都、福岡市165人増▽新潟県155人増▽福岡県147人増▽さいたま市、大阪市70人増など。

採用予定数が減少した自体は次のとおり。

▽大阪府570人減▽埼玉県110人減▽和歌山県82人減▽京都府70人減▽兵庫県60人減。

(各自治体予定数の詳細についてはPDFで)

※内容を一部更新しました(5月19日公表の愛媛県教員採用予定数を追記)。