教員採用選考が変わる! その意図は 首都圏4自治体に聞く

平成30年度教員採用選考(29年度実施)で、神奈川県・千葉県(千葉市)・埼玉県が選考方法等を変える。神奈川県では、国私立の教職経験者も新たな特別選考(教職経験者枠)で受験することができる。広い層から指導力のある志望者を確保する狙いだ。さらに、東京都では、次年度から専門教養・面接試験を原則全員に実施する方向で見直す。これらの変更にどのような意図があるのか。本紙では、千葉県(千葉市)・埼玉県・神奈川県・東京都教育委員会にインタビューし、その意図を聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。