今夏教員採用選考 志願数17万4905人 前年より約6千人減

平成30年度公立学校教員採用選考の志願状況(7月14日現在)を65県市が発表した。志願数は合計で17万4905人となり、前年より約6千人減少した。志願倍率の全国平均は5.5倍。昨年度の志願倍率から0.1ポイント低下した。また、約7割の45県市で志願倍率が低下した。(教育新聞調べ、北海道・札幌市を除く)

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。