面接の○回答×回答 (125) 合格の成否を分かつ決め手

eye-catch_1024-768_tukada-miyazawa
テーマ

かっとなって生徒を激しい言葉で叱ってしまいました。その後で、どのように対応しますか。

○回答

授業中の場面で申し上げます。全体と個別の指導をします。激しい言葉で不快感を抱かせたことを認め、不適切な発言を取り消し、素直な気持ちを話します。また、後で本人を呼んで個別指導をします。

教師も生徒も今回の振り返りと今後の言動について話し合います。

次は報告です。学年主任や生徒指導主任にこの指導の記録をもとに報告します。

【コメント】

このような問題では、示された状況をどのように見るかによって、回答が異なってきます。場面を示して対応の仕方とその考えをまとめて表現することが○回答にするコツです。感情的になって不適切な言葉が出てしまったと思ったら、その後、相手の気持ちや立場を考えた対応が必要です。言い過ぎを素直に認め、生徒の心に響くような指導が求められます。力だけで抑えるのではなく生徒の心に訴える方法の提示が大切です。また、自分だけの問題と抱え込まず、事後報告も忘れてはなりません。さらに、指導記録は指導の改善にも有効です。

×回答

教師も人ですから激しい言葉で叱ってしまうこともあります。それにはそれなりの理由があります。叱った訳をその生徒と学級全体に説明します。自分は、いつでも生徒に厳しい教師なのだ、と分からせていきます。生徒は教師の態度を見て行動します。甘い態度では何も徹底できません。

生徒に馬鹿にされて、きちんとした指導ができなくなるでしょう。社会で許されないことは、学校でも許されないことをきちんと指導します。

【コメント】

この回答は、生徒との人間関係や発達的な特徴を考えた回答になっていないと受け取られます。生徒に反省を促す指導の方法を考えるとよいでしょう。

まず、場面を想定してそこでの対応の仕方を考えます。

次に、激しい言葉で叱られた生徒とそれを見ている周囲の生徒の立場や受け止め方を想像します。その際、生徒が反発したくなる教師の言動を書き出します。

生徒の不快な思いを想像して対応策を書き出します。されません。日常の積み重ねが大事なのです。

関連記事