ここがポイント 合格する模擬授業(4)試験官はここを見る その1

「模擬授業の10分間に何を取り入れればよいのか」「資料の準備はどの程度必要なのか」「事前に板書カードは作成したほうがよいのだろうか」「自分で書く板書量はどの程度が適切なのか」「緊張して声が震えてしまうのではないか」など、模擬授業に関しては不安が多い。果たして限られた時間の中で自分を発揮するには、どうしたらよいか。3回にわたり「試験官はここを見る」を提言したい。今回は、10分間の中の展開で評価されることは何かを考えてみよう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。