ここがポイント 合格する模擬授業(12)板書の力量を問う その2

「板書が大切な事は分かっていたが、なかなか練習する機会がなかった」「板書が重要だとは分かっていてもなかなか上手になれなかった」「これからはパソコンの時代、チョークで書けなくても平気だ」「板書として直接自分で書かなくてもカードに印刷すればよい」などの意見がある。ここで言っておきたい。チョークで書くことだけが板書ではないが、教育の不易としてチョークで書く力を駆使して授業を進めていくのが、現段階では有力である。限られた時間に自己の書字力を駆使して書くということを怠っては、模擬授業にならない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。