面接の○回答×回答 (132)社会性のある愛情、教育へのひたむきな情熱を

eye-catch_1024-768_tukada-miyazawa

テーマ

保護者は教師に何を求めていると思いますか。また、それに応えるために、どのような努力をしますか。

○回答

保護者が教師に求めていることは多岐にわたっています。何よりも子供が好きであること、わが子が喜んで登校してくれること、児童の心身の安全・安心が徹底されていること、確かな学力を保証してくれることなどです。そのために、楽しい学校づくりを追究します。

施設・設備、校舎内外の安全確保、自ら学び、自ら解決する学習環境の充実にも努めます。

教員の職務の第一は、各教科の指導が着実にできることだと考えます。「教師は授業で勝負する」と言われます。教材研究を深め、主幹、学年主任の指導の下、児童一人一人の顔を思い描きながら指導案を作ります。また、先輩教師の師範授業、自らの研究授業などで指導力を磨きます。

専門的な力量の有無が、保護者からの信頼の根拠となることから、教員としての専門性、指導技術の向上にも努めます。加えて児童の言動から、心の内を見通す洞察力を培います。

[コメント]

児童は、家族以外では最も身近な教師の影響を受けて成長します。わが子が毎日喜んで登校してくれる、どこよりも安全な場、確かな学力の保証、どれも保護者の願いを的確に捉えています。いいですね。いつの時代にも教師に求められることは、親とは異なる社会性のある愛情と、教育に対するひたむきな情熱、豊かな人間性です。

また、児童に対する洞察力にも及んで答えていることが大変良いですね。

×回答

教育は、教師と児童生徒との人間的なふれ合いを通して行われる営みで、崇高なものです。子供は家庭生活以外では学校で教師をはじめ、学校職員と過ごします。それゆえに教師の影響は極めて大きいのです。保護者が学校や教師に求めることも多くて当然と言えます。

保護者が求める理想の教師とは、一保護者の立場に立ってその願いに応えてくれる教師、児童一人一人を大切にする教師です。児童の一人一人に正面から向き合い、喜びや心配事を共有して、共に解決へと導いてくれる教師です。保護者の立場・願いは、ともすれば教師の言うことに従い、受け身になりがちなところがあります。意識的、積極的に保護者の声に耳を傾ける姿勢を大事にします。

一人一人の児童を大事にするとは、いつも児童のことを考え、児童第一に実践する教師です。私はこの教師像に向かって、研さんに励む覚悟です。

[コメント]

「子供は、家族と過ごす以外は学校で教師と過ごす時間が多い、従って教師の影響力も大きく、保護者からの求めも多い」。きちんと課題をつかんでいるのに、どのような努力をするかについては狭義で限定的です。保護者の立場で児童を大切にするのは当然のことでしょう。加えて、わが子を塾に委ねなくとも確かな学力を獲得すること、どこよりも安全が保証されているなど、広く述べてほしいですね。

アドバイザー・宮澤義一 元東京都公立学校長