ここがポイント 合格する模擬授業(17)資料・教材の工夫

模擬授業の導入段階の基本としての振り返り、目標提示の仕方までを論じてきた。「教科書教材を取り扱うか、自主教材なのか」「資料的な役割を意識して自主教材を作成するかどうか」「資料としてのレベルをどの段階まで高めていけばよいのか」といった課題ををどのように模擬授業につなげていくのかを決める必要がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。