ここがポイント 合格する模擬授業(18)場面指導の工夫

 模擬授業を、ある場面に応じて展開させる自治体がある。事前に場面を数項目示され、当日は5分程度の授業を実施する、あるいは、当日に示された場面に合わせて構想時間を設定して授業を実施するといったケースがある。最終的には、臨機応変に場面指導に対応できたかが評価につながってくる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。