神谷正孝の5分でわかる教育時事(10)小学校英語 採用試験で積極的な評価の流れも

eye-catch_1024-768_kamiya2017kei塾主任講師 神谷正孝

皆さんこんにちは。仙台を拠点とする教員採用試験対策専門スクールkei塾主任講師の神谷です。今回取り上げるのは、2017年改訂学習指導要領の先行実施として、小学校でこの4月から始まった中学年の「外国語活動」および高学年の「外国語」についてです。教員採用試験においても、受験者の外国語の能力を積極的に評価しようという流れも加速しています。また、特に小学校受験者などは2次試験においても、問われる項目であると言えます。これを機にしっかりと内容を確認しておきましょう。

学習指導要領改訂の基になった中教審答申では、「グローバル化の急速な進展が、社会のあらゆる分野に影響する現在やこれからの社会の在り方を考えると、外国語、特に国際共通語としての英語によるコミュニケーション能力は、これまでのように一部の業種や職種だけでなく、子供たちがどのような職業に就くとしても、生涯にわたるさまざまな場面で必要とされることが想定され、今まで以上にその能力の向上が課題となっている」と指摘されています(傍線引用者)。

ヒトやモノがたやすく国境を越えて、経済のグローバル化が一層進展する2030年代以降の社会においても、外国語によるコミュニケーション能力は非常に重要です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。