直前講座 合否を分ける教採対策10の「新常識」(2) 額面通りに受け取れない「競争倍率」

月刊『教員養成セミナー』前編集長/教育ジャーナリスト 佐藤明彦

各自治体から続々と、今年度実施試験の志願状況が公表されている。全体として言えるのは、志願者数が減少傾向にあること。採用見込み数を減らした自治体においても、志願者数の大幅減によって倍率が下がるという状況が、各地で見られる。

全国最多の志願者数を集める東京都では、小学校の競争倍率が2.7倍となり、前年度(3.6倍)より0.9ポイント下がった。中学・高校に至っては前年度の9.7倍から半分近い5.0倍にまで低下するなど、過去に類をみない大幅低下となった。大阪府も、中学校で5.9倍(前年度7.7倍)、高校で11.7倍と(前年度13.1倍)と、軒並み倍率を下げている。その他の自治体も、中学校と高校を中心に、志望者減が目立つ。

志願者減の背景は、大きく二つある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。