ここから始まる試験対策 来年の受験に向けて

今夏の教員採用試験は一段落したところであろう。それはつまり、来年の採用試験まで正味1年を切ったということでもある。教員採用試験は内容が幅広く、多様な試験が課されるので、次年度受験を予定している者は効率よく準備をしていく必要がある。すぐに取りかかったほうがよいものを見ていこう。

○志望する自治体を絞って特徴を探る

教員採用試験は、全ての都道府県および政令指定都市で実施されている。受験する自治体絞っていこう。住民票のある県でなくては受験できない、などという制約は一切ないので、地元で受験するか、大学のある県にするか、または興味のある自治体を受けるか、よく考えよう。

今の時点で、一つに絞る必要はないが、2~3の自治体に焦点を当て、その自治体の教育の特徴、試験の内容などをよく知ることから始めたい。

筆記試験は、自治体ごとに内容や形式が違うので、過去問題をそろえて分析しよう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。