神谷正孝の5分でわかる教育時事2017-2018(13)「活用力」の育成が課題に

eye-catch_1024-768_kamiya2017kei塾主任講師 神谷正孝


 皆さんこんにちは。仙台を拠点とする教員採用試験対策専門スクールkei塾(http://www.kei-juku.jp/)主任講師の神谷です。今年受験されている方は、2次試験が終わった方もいらっしゃると思います。試験対策、本当にお疲れさまでした。これから受験を考えている方、1次対策としてこのコンテンツを利用している方は来夏の試験に向けて計画的に取り組んでいきましょう。今回取り扱うテーマは、7月末に公開された学力テストの結果についてです。これは採用試験では必須テーマです。

 最近の採用試験における傾向を見ると、ご当地型にシフトしてきています。すなわち、全国的な傾向よりも、「わが県の傾向」を重視するということです。全国的な学力テストが復活し、10年たちましたが、各自治体における取り組みも盛んになっています。比較的多いのが、予備テスト的な試験を課している自治体です。独自のデータを収集し、弱点を把握し、強化に努めるという形態で、さまざまな自治体で行われています。自分が受験しようとしている自治体の学力の状況はどのようなものか、どんな点に課題があるのか、課題の克服に向けてどのような取り組みをしているのか、などは要確認事項です。

 さて、「学力」を語るとき、重要なのはその捉え方です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。