合格を勝ち取る教採対策講座 ウォーミングアップ編(4)合格までのロードマップを作る


月刊『教員養成セミナー』前編集長 教育ジャーナリスト 佐藤 明彦




ウォーミングアップ編の第1回でも解説したように、教員採用試験を初めて受験する人は、遅くとも前年の10月ごろには対策をスタートさせたいところです。試験本番まで約10カ月・300日間が、勝負の時期となります。

合格者に共通しているのは、試験対策のマネジメントが、きちんとできている点です。どの時期に何をするのか、きちんと計画を立てて遂行し、必要に応じて軌道修正を図れている人が、合格を勝ち取っています。最近、学校教育の重要ワードとして「PDCAサイクル」がよく出てきますが、教員採用試験対策においても「PDCA」を回すことが大切なのです。

筆記・面接・論文の中で、最初に着手したいのは、筆記対策です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。