教員養成の立場から見た教員採用の課題 ―教員採用試験の倍率低下を考える(下)人材発掘・育成に丁寧に取り組む


帝京科学大学教育人間科学部教授 釼持 勉

今夏の教員採用試験倍率低下の状況を前回示した。ここに至るまでの経緯を明らかにしておきたい。
(1)人材育成が滞っている

教員の大量退職、大量採用時代を迎えて久しい。その中で「若手が若手を育成する」「指導体制の未確立」「教職に就いて間もなく退職」などの課題が改善されない。人材育成を担当する教員層が薄く、行き届かない状況も散見される。
(2)大学の出口論が明確にされていない

教員養成系大学はもとより、採用試験の合格が第一の目的となり、4月には教壇に立つ者を育成する感覚に乏しい。初任者は「学級経営が分からない」「学級をまとめるとは」「最初の保護者会では何をすればよいか」など多くの課題を抱えている。大学における教員養成のビジョンが問われている。
(3)教育委員会の入り口論は明確にされているか

教員採用・配置が主要目的であるが、4月に着任するまでの研修の在り方に工夫が求められる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。