合格を勝ち取る教採対策講座 ウォーミングアップ編(5)筆記試験対策は「過去問分析」から着手

月刊『教員養成セミナー』前編集長 教育ジャーナリスト 佐藤 明彦




「一般選考」で受験する場合、避けて通れないのが筆記試験です。論作文や模擬授業は、自治体によってあったりなかったりしますが、筆記試験は全自治体の1次選考で課されています。一般選考で受験する人は、試験対策の7割くらいを筆記試験対策に費やすものだと考えた方がよいでしょう。

筆記試験対策は、問題集と参考書をベースに進めていくことになりますが、その前に必ずやってほしいのが過去問分析です。これをやらないまま、問題集や参考書に着手すると、多大なロスが生じることになります。

筆記試験は、大きく「一般教養」「教職教養」「専門教養」の3分野に分かれ、いずれも自治体によって出題傾向が異なります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。