合格を勝ち取る教採対策講座 ウォーミングアップ編(9)仲間同士で練習を重ねよう


月刊『教員養成セミナー』前編集長 教育ジャーナリスト 佐藤 明彦




よく「教採試験は団体戦だ」と言われます。確かに、私の周囲を見ても、仲間と一緒に対策を重ねた人の方が、合格率が高いように感じます。

なぜでしょうか。要因は大きく三つ挙げられます。一つ目はモチベーションを保(たも)てる点です。教員採用試験は大学受験と違い、日々の授業と直結していません。それだけに自らを律して対策に励む必要があり、仲間と刺激し合うことで、やる気を維持しやすくなります。二つ目は情報共有が図れる点です。教員採用試験では、最新の教育事情に精通している必要があり、教育ニュースをSNSなどで共有し合えば、試験本番で役立ちます。そして三つ目は効果的な面接対策ができる点です。この点は「団体戦」と呼ばれる最大のゆえんといっても過言ではなく、仲間同士で練習を繰り返すことで面接試験の「要所」が見えてきます。

面接試験の回答に「正解」があると考えていませんか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。